読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eden z field

ボカロ/トクロPであるうさねこPことna i yuan(厨二病)の自分語りを押し付けるための楽苑空間。

創めましてのご挨拶・ブログ移転しました

元々amebaブログで書いていたのですが、今日からブログは此方で。

以前amebaの方で書いたものを、そのまま自己紹介として移転序にエントリーさせて頂きます。

 

 

「殆どの方が私を詳しく知らないと思うから、自己紹介から始めよう」

そういう決まりきった思い付きで、記念すべき初めてのエントリーは、丸々自己紹介に使おうと思う。

 

―はじめまして、na i yuanと申します―

 

‟na i yuan”は、ネィユアンと読む。

元は中国語の「奈苑」のピンイン読みで、nai yuanと綴る。

よくライブやら撮影やらをするたびに読み間違えられるのだが、naiはネィである。断じてナィではない。

ナィユアンって呼ばれるとなんだか心がきゅっとなるから、頼む、間違えないでくれ。

そして私、何をやっているかというと、ニコニコ動画でVOCAROIDを使って色々やったり、youtubeで体を張って色々やったりしている、自称音楽家のたぐいである。



さて話は変わるが、正直に言うと、文章を書くのは好きでも、自己紹介をするのが億劫だったという理由で、活動を始めてから今日までブログ初エントリーを先延ばしにしてきた。

自分がどういうキャラクター性で見られているのかがわからないので、女らしく

「みなさんはぢめまして☆ねぃゅぁんってぃぃます。」

と場末のアイドルよろしく元気に可愛く名乗りあげたほうがいいのか、はたまた音楽家らしく寡黙に、(中学生のころにはやった‟バトン”みたいに)項目でも作ってそれを唯埋めてしまえばいいのか?なんて風に迷走してしまう。

私は幾分か考えすぎるきらいがあるから、そんなことばかりを気にしてしまう。

なので、今回は実験的に、このかわいらしいブログデザインに対して少し不釣り合いなようにも感じつつも、「私から素直に出てくる語り」でお送りしたいと思いながら書き進める。

それゆえに語り口調がいささかブログデザインやアメーバ界隈に不釣り合いすぎているかもしれないが、それに関して、「まず試運転なので許して」と断ってから、本格的な自己紹介に移る。許して。



・名前 : na i yuan

・P名 : うさねこP

・ジャンル : ボカロP / シンガー

・使用 : 結月ゆかりV3 / 猫村いろはV4NATURAL / VOICEROID+結月ゆかり(無印)

・所属 : (音楽集団) うたねこ

 

音楽家の初エントリーに必要な自己紹介項目を書いてみた。ざっとこんな感じだろうか。

それだけでは少々味気ないので、もっと個人的な項目について掘り下げてみる。

 

・誕生日 : 1994年11月25日

・血液型 : O型

 

ここまでくるといよいよバトンのようである。

申し訳程度の女子要素だ。

 

・年齢 : 21歳

・性別 : 女

・好きなタイプ♡ : 漢

 

私の動画をご覧になって、女の子らしい印象を抱いた方には大変申し訳ないのだが、私はざっとこんな感じである。

せっかくの女性P、女性らしくいたいと思いながらも、中々そうはいかない。

申し訳程度の女子要素といえば、思いついた「好きなタイプ」ぐらいである。(だが女らしい回答がまるで浮かばなかった。)

だが、そんな私だからこそ、使用しているVOCALOIDは女の子らしいキャラクターで居てほしいという思いで、女性Pにしては少し珍しいかもしれない、女性VOCALOIDを操っている。

 

そして、私の相棒は彼女たちだ。

VOCALOID3 結月ゆかり/AHS VOCALOID4 猫村いろは ナチュラル/AHS


女性Pの大多数がKAITO神威がくぽ氷山キヨテルら男性VOCALOIDを使用しているように思うが、その中で私は今のところ、結月ゆかりと猫村いろは一筋だ。
そして、「うさねこP」というP名は、そんな愛する二人のVOCALOIDの事である。

初めてのトークロイド動画 で、pixiv辞典にて結月ゆかりと猫村いろはのユニット名に「うさねこ」と言うのを見かけ、広まっているのかいないのかよくわからないまま動画タイトルに入れたことが切欠で、「うさねこP」というP名を頂いて 以降、私はうさねこPだ。

まだ音楽活動を始めたばっかりで、VOCALOIDも手に入れたばっかりだった私が、これからどうやって自分の活動方針を決めていこうかと考えていた時に頂いた名前だったから、この名前が私の活動の指針を決めてくれたところがある。

 

だから、私はna i yuanであるのと同じくらい、うさねこPであることをとても重要に考えている。

 

これを読んでくれているか分からないが、この名前を下さった方にはいつも感謝しかない。

貴方様が住んでいる方角が私の家からどちらにあるか存じ上げないけれど、足を向けては寝られないと思う程です。本当に、心からありがとうございます。この場を借りて。



さて、ここまで書いて自分が何て名前で、何をやっていて、ボカロPとしてどうしているか一通り綴ることができたかなと思う。

まだ全然記せていないことばかりなのだけれど、急ながら一旦ここで一区切りとしたい。

これが初エントリーとして相応しいかどうか、またna i yuanの自己紹介に相応しいかどうかは、実は今一分からない。だが、これからはこのない頭をひねりながら、ここでお話させて頂ければと思う。




うさねこPこと、na i yuanでした。

長ったらしくまるで話の進まない文章をここまで読んで頂き、有難うございました。

この記事は以前書いたものですが、今後は此方のはてブでちょいちょいエントリーしていこうと思います。

 

移転後も、よろしくお願いします。



na i yuan